薬剤師国家試験 予備校 Medisere メディセレ 東京校

薬学教育対談 神戸大学医学部 教授 神戸大学医学部附属病院 薬剤部長 平井 みどり 氏
対談目次   ● 薬剤師の使命

薬剤師の使命
 

今回は神戸大学医学部附属病院薬剤部にお邪魔し、医療薬学教育界の第一人者、平井みどり先生にお話しを伺いました。平井先生は、薬剤師と医師の二つのお顔を持った医療薬学教育界の重鎮です。CBTが終了し、いよいよ今年から薬学部5年生は6年制カリキュラムの目玉ともいえる実務実習がスタートします。現場薬剤師、そして教育者の視点から様々なお話しをお聞きしました。


  神戸大学医学部 教授 神戸大学医学部附属病院 薬剤部長
 
平井 みどり 氏
平井 みどり 氏
 
【プロフィール】
平井 みどり 先生

神戸大学医学部教授(前神戸薬科大学教授)
神戸大学医学部附属病院薬剤部長
1974年に京都大学薬学部を卒業後、神戸大学医学部に入学し85年に卒業、同年医師免許を取得。
90年に同博士課程を修了し、神戸大学病院薬剤部の文部技官を経て、京都大学病院薬剤部に助手として採用。95年から神戸薬科大学に助教授として赴任、02年から臨床薬学教授を務める。07年に神戸大学医学部教授、神戸大学医学部附属病院薬剤部長に就任。薬剤師と医師の二つのお顔を持った医療薬学教の第一人者。薬学会などでも各種委員として活躍される重鎮。

資料請求・お問い合わせ

こちらのメールフォームからお問い合わせ下さい。